『骨と関節の日』


1.『骨と関節の日』の意味

 骨と関節を中心とする運動器官が、身体の健康および日常生活の質の維持にいかに大切であるかを認識していただく事を目的として、日本整形外科学会は、10月8日を『骨と関節の日』とさだめました。
 ヒトは他の動物にくらべて、知的で大変すぐれた運動機能を持っています。背骨を体の軸として二本足で 真直ぐ立てますし、緻密な動作ができる手指があります。日常生活やスポーツで、いつも自由につかいこなせる 体や手足は、ヒト独特のものであり、知能の発達とあいまって計りしれない可能性を秘めています。
 ヒトが毎日健康で働くことができる源は、健康な内臓はもちろんですが、背骨・手・足などの全身の運動 器官を造りあげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経などがうまく働いてくれることにあります。と くに、骨にはカルシウムを蓄えたり、血液を造るという重要なはたらきもあります。整形外科学は、まさに、この 運動器官の病気とけがを扱う専門医学なのです。
 『ホネ』の『ホ』は十と八にわけることができ、10月10日の体育の日にも近いことが、記念日を十月八日 とさだめた理由です。
この日を記念して、背骨や手足に目を向けて、十分に鍛えるとともに、手入れもしていただきたいと思い ます。



2.過去の『骨と健康を考えるシンポジュウム』のテーマ

富山県臨床整形外科医会として毎年広く一般の皆様に向けてシンポジュウムを開催しています。

      
平成7年のテーマ『骨粗鬆症』
平成8年のテーマ『スポーツと整形外科』
平成9年のテーマ『リウマチ』
平成10年のテーマ『腰痛』
平成11年のテーマ『肩凝り』
平成12年のテーマ『骨折』
平成13年のテーマ『関節の痛み』
平成14年のテーマ『骨粗鬆症』
平成15年のテーマ『ココまで分かった慢性関節リュウマチ』
平成16年のテーマ『腰痛−治すコツ教えます』
平成17年のテーマ『運動器スポーツ障害』
平成18年のテーマ『肩の痛み』


今年(H19)のテーマ

 運動器不安定症 
個々の演題、演者は未定です。