平成14年度社会保険診療報酬等の改定概要(中医協答申)に対する整形外科の代表的疾患減収シミュレーション

中医協全文は以下である。

http://www.mhlw.go.jp/topics/2002/02/tp0222-1.html

試算の内容

 再診料・消炎鎮痛処置の逓減制、介達牽引・理学療法の減額、その他、外来で行われる行為の減額による収入減少を、整形外科の代表的疾患で試算した。

 

(1)外来患者の大部分を占める慢性疼痛疾患

 

日本整形外科学会理学診療委員会の「骨関節疾患に対する保存療法(理学療法、作業療法、物理療法)の実態調査報告」のデータから、整形外科外来で最も多いパターンとして、以下の状態を想定した。

 

【疾患】脊椎疾患、腰痛症、変形性膝関節症、肩関節周囲炎

    (新設された「慢性疼痛疾患管理料」の対象疾患)

【治療】消炎鎮痛処置、介達牽引、理学療法4(簡単)

【施行回数】月12回

(A)「慢性疼痛疾患管理料」を算定した場合(消炎鎮痛処置や理学療法4が包括される)

(B)「慢性疼痛疾患管理料」を算定しない場合

 

【結果】

          減少する点数   現在   改正案

          A   B         A  B

消炎鎮痛処置    616  466    1308 →692  842

介達牽引      700  550    1392 →692  842

理学療法4(簡単) 976  826    1668 →692  842

 

患者100人消炎鎮痛処置60%、介達牽引20%、理学療法20% の割合とすると)につき、

55万〜70万円の減収となる。

(2)その他の疾患の場合

 

・腰痛症、変形性膝関節症などで、装具をつくる時の採型ギプス

   点数減少 900点 (現在1100→ 改定案200

・腰痛症、脊椎疾患に、コルセットを処方した時

   点数減少 40点 (現在220→ 改定案180

・アキレス腱断裂で、ギプス固定を行った時

   最初、大腿〜足のギプス、2週間後に、膝下〜足のギプスに巻きかえ

   点数減少 336点 (現在2316→ 改定案1980

・腰椎椎間板ヘルニアで、躯幹MRI検査施行

   点数減少 560点 (現在1780→ 改定案1220

 

●診療報酬改定による収入減少試算アンケートの結果

(14年2月26日午後1時30分現在)

日本臨床整形外科医会のメーリングリスト参加者から2月24日―26日にわたり、アンケートを

ネット上で行った。60施設より協力が得られた。

総数 60 施設

 (内訳 無床診療所:47 有床診療所:10 病院200未満:3

 

1か月の総売り上げの試算

       平均     最小〜最大    

総売り上げ  1203万円 (300万〜7000万) 

売り上げ減少

予想額     165万円 ( 30万〜1000万) 

減収の割合   15.6%  (3.2%〜83.3%) 

 

 

●参考文献

科別の収入構造の特徴

●診療行為別点数

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/sinryo/tyosa00/kekka-1a.html

 

全科では初診再診料が、19.6%、指導管理料が11.3%。検査が14.7%

画像診断料が5.9%。投薬が26%。注射が4.3%。処置が8.5%

 

●「病院診療科別原価計算調査」結果の概要(全国自治体病院統計)

http://www.jmha.or.jp/about/active/statis/10/gaiyou_y11.htm

 

 内科(診療科数468

医業費用は127,101千円であり、そのうち、給与費59,349千円(医師給与10.

8%、看護職員給与23.9%、その他の職員給与12.1%、材料費42,827

千円(薬品費32,652千円、うち投薬薬品費13.1%、注射薬品費9.1%)、

医業収支差額は△6,145千円であり、医業収益100対医業収支差額は△5.1となっ

ている。

 

整形外科(診療科数390

医業費用は48,642千円であり、そのうち、給与費27,431千円(医師給与11.

2%、看護職員給与29.9%、その他の職員給与15.1%)、材料費11,7

45千円(薬品費6,846千円、うち投薬薬品費7.1%、注射薬品費5.5%)、

医業収支差額は△2,336千円であり、医業収益100対医業収支差額は△5.0となっ

ている。

 

http://www.jmha.or.jp/about/active/statis/10/images/hiyou_naika.gif

内科

http://www.jmha.or.jp/about/active/statis/10/images/hiyou_seikeigeka.gif

整形外科

整形外科は内科に比べ、薬剤比率が少ない。職員が多い。材料費もかかっている。

 

 

http://www.urban.ne.jp/home/motohide/iroyu.htm

診療科別コンサルティングのポイント

内科

1)外来患者の中に初診患者の占める割合が他の科に比べて低い。

       内科:全科 80100

2)1日外来患者数が他の科に比べて少ない。

       内科:全科 89100

3)11日当たりの保険診療収入は他の科に比べて高い。

       内科:全科 115100

4)給与費は他の科に比べてやや低い。

       内科:全科 94100

5)医薬品費の割合が高い。

       内科:全科 116100

整形外科

リハビリを目的に通院する患者が多い。これらの患者の保険点数は、1日につき

再診療(61点)とリハビリ(理学療法で65点、消炎鎮痛処理で3540点)を合

わせて96126点となる。

 

 11人当たりの保険収入では、全科平均4,075円に比べ整形外科では、2,4

60円とかなり低い。そのため増患対策が経営のポイントとなる。

 

経営について

http://health.nikkei.co.jp/byoin/management.cfm

 

トヨムラエンタープライズ / コンサルタント

http://www.medical-japan.com/consultant/stats.html

 

医師の収入

http://www.orth.or.jp/seisaku/syutyou/syunyu.html