国民を守るために、代替医療の科学的評価を


 テレビのワイドショー、週刊誌、健康雑誌などで、毎日のように、
さまざまな健康食品や民間療法などの「代替医療」が取り上げられ
ています。その中には、医学的常識から見て、かえって体に害があ
る、あるいは、効果がないのに法外に高価であると思われるものも
少なくありません。しかし、マスコミで伝えられると、頭から信用
してしまう人も多いようです。その結果、一部の代替医療による健
康被害、金銭的な被害が起こっています。

 このような状況に対し、今までは、日本の医療界は、不快感は抱
きながらも、「無視」をする態度をとってきました。しかし、これ
からは、国民を被害から守るために、きちんと対処すべきだと思い
ます。例えば、米国医師会では、昔から、健康詐欺やいかさま医療
に関する調査を行い、医師、マスコミ、一般大衆からの疑問に答え
てきました。また、「医師として何を推薦できるのか」「何が有効
で何が怪しいのか」との視点から、代替医療を医学的、科学的に検
証した本も出しています。米国の国立衛生研究所の中には、代替医
療部門が設立され、科学的な評価を行っています。

 日本でも、国民を被害から守るため、代替医療を科学的に評価し、
その情報を医師や国民に知らせる活動を、日本医師会が協力し、厚
生省や各学会で行う必要があると思います。


長島整形外科 長島公之
栃木県下都賀郡壬生町
nagashi@t-cnet.or.jp

戻る