新潟県臨床整形外科医会	Niigata Clinical Orthopaedic Association

サイトマップ

Home > ミニ講座 > 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

腰は腰椎(ようつい)と呼ばれる骨が積み重なってできており、この中心に両足に行く神経が束になって通っています。この神経の通り道(脊柱管と言います)が老化などにより狭くなって、神経が圧迫された状態が、腰部脊柱管狭窄症です。したがって、お年寄りに多くみられます。

症状は、腰痛、足の痛みやしびれ、筋力の低下、稀におしっこの出が悪くなることがあります。このうち、足の痛みやしびれは腰を伸ばして格好よく歩こうとすると強くなり、立ち止まって前かがみや腰掛けたりすると楽になるのが特徴的で、「間欠跛行(かんけつせいはこう)」と呼ばれています。じっとしていれば”やめる”ことはないので、『のめしこき』になったといわれる方もいます。しかし、動脈硬化で足の血管が詰まっても似たような症状が起こりますので、鑑別が必要です。

治療としては、まず、痛みやしびれ止め等の飲み薬や注射、腰を引っぱったり痛いところを暖めたりするリハビリ療法があります。また、痛み止めの薬を腰に注射する硬膜外ブロックも効果的です。特に、痛みしびれが片足のみの場合には期待できます。

それでも、どうしても歩くのが不便で困るというときには、手術も考えられます。先に述べた間欠跛行には治療効果が高く、手術を受けた多くの方は『歩くのが楽になってよかった』と言われます。足の筋肉が著しく弱くなったり、おしっこの出まで悪くなった場合は、手術が避けられません。

いずれにしても、「歳だから」と言ってあきらめることはありません。ぜひ、専門医である整形外科を受診して下さい。正しく診断して、適切な治療を見つけ出してくれることと思います。

【ほかり医院(新津市)穂苅 豊】

ページの先頭へ戻るHOME

Copyright © 2004-2007 Niigata Clinical Orthopaedic Association. All Rights Reserved Without Images.