「骨と関節の日」について 

  

 

日本整形外科学会は、10月8日を『骨と関節の日』とさだめました。
これは国民の皆様に、整形外科の行なっている医療の内容をよく知っていただき、骨と関節を
中心とした体の運動器官の健康が、体の健康の維持にいかに大切であるかを認識し、日常
生活で注意していただきたいと考えたからです。
ヒトは他の動物にくらべて、知的で大変すぐれた運動機能を持っています。
背骨を体の軸として二本足で真直ぐ立てますし、緻密な動作ができる手指があります。
日常生活やスポーツで、いつも自由に使いこなせる体や手足は、ヒト独特のものであり、知能の
発達と相まって計りしれない可能性を秘めています。
ヒトが毎日健康で働くことができる源は、健康な内臓はもちろんですが、背骨・手・足などの全身
の運動器官を造りあげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経などがうまく働いてくれる
ことにあります。
とくに、骨にはカルシウムを蓄えたり、血液を造るという重要なはたらきもあります。
整形外科は、まさに、この運動器官の病気とけがを扱う専門医学なのです。
『ホネ』の『ホ』は十と八にわけることができ、10月10日の体育の日にも近いことが、記念日を
十月八日とさだめた理由です。
この日を記念して背骨や手足に目を向けて、十分に鍛えるとともに手入れもしていただきたい
と思います。

 

 

 

『骨と関節の日』 年度別テーマ

平成 7年 骨粗鬆症
平成 8年 スポーツと整形外科
平成 9年 リウマチ
平成10年 腰痛
平成11年 肩凝り
平成12年 骨折
平成13年 関節の痛み
平成14年 骨粗鬆症
平成15年 関節リウマチ
平成16年 腰痛
平成17年 スポーツと整形外科
平成18年 肩の痛み
平成19年 運動器不安定症
平成20年 運動器不安定症の要因としての骨粗鬆症
平成21年 ロコモティブシンドロームの要因としての腰部脊柱管狭窄症
平成22年 ロコモティブシンドロームの要因としての腰痛
平成23年 ロコモティブシンドロームの要因としての変形性膝関節症
平成24年 ロコモティブシンドロームの要因としての骨折の予防と治療
平成25年 ロコモティブシンドローム
平成26年 ロコモティブシンドロームの要因としての上下肢の痛みとしびれ
平成27年 健康日本21(第二次)における日本整形外科学会の取り組み
平成28年 ロコモ度テストでロコモを測ろう
平成29年 ロコモティブシンドロームと運動器疼痛
平成30年 がんとロコモティブシンドローム

 

10月8日を中心に整形外科と関係の深い病気やケガをテーマに決め、毎年全国各地で
一般市民を対象に、それに関連した催しを行っています。
三重県臨床整形外科医会も、全面的にこれに参加しており、講演会をはじめ、医療相談、
新聞記事、電話、相談室などで、県民の皆様に骨と関節の疾患を理解していただくための
活動を行っています。

 

市民公開講座2017