JCOAホーム

運動器不安定症
リンク集



「スタイル」
運動器が「元気」と「長生き」をささえているかたち

「カラー」
元気・生命力・エネルギー、運動する体内カラーをレッド&オレンジで表現

「フォルム」
ハートをシンボライズ

ロコトレの動画(携帯用)

ロコモーション・トレーニング

「ロコトレ」動画ダウンロード

監修:藤野整形外科医院
院長 藤野圭司 先生
DVD版はエーザイのご厚意により提供されます。

広告

三笠製薬

久光製薬

JCOAでは、広告を受け付けています。広告は、 html原稿ないしはリンクして 行います。ご検討の上、事務局までお申し込み下さい。

ロコモティブシンドローム

ロコモ:ロコモティブシンドローム :Locomotive syndrome

1)定義;ロコモ:「運動器の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態になること。
2)診断;ロコチェック:ロコモーションチェック:Locomotion Check
3)治療;ロコトレ : ロコトレ2:ロコモーショントレーニング:Locomotion Training

運動器症候群:ロコモティブ シンドローム
(locomotive syndrome)

日本整形外科学会が、2007年(平成19年)に、新たに提唱しました。「ロコモ」の提唱には、「人間は運動器に支えられて生きている。運動器の健康には、医学的評価と対策が重要であるということを日々意識してほしい」というメッセージが込められています。
2007年、日本は65歳以上の高齢者が22%になり、世界に先駆けて超高齢化社会を迎えています。それに伴って、支援、介護を必要とする人も、02年から06年までに1.7倍と急増し、440万人を超えています。75歳以上の高齢者での寝たきり、介護の主な原因は、運動器疾患が21.5%(転倒、骨折9.3%、関節疾患12.2%)を占めています(07年)。今後さらに高齢化が進むことを考えますと、運動器疾患に対して、有効な手立てを論ずることが緊要の課題であると思います。(中村耕三ら2009年)

ロコモは国民病です

変形性関節症と、骨粗鬆症に限っても、推計患者数は4700万人(男性2100万人、女性2600万人)です。まさしくロコモは国民病といえるでしょう。(吉村典子2009年)

NPO法人全国ストップ・ザ・ロコモ協議会(SLOC)

整形外科では、様々な治療を行います(保存的治療と手術的治療)

整形外科の治療は手術による場合だけでなく、手術をしない保存的な治療も多く行なわれます。整形外科の手術には、さまざまな種類があります。例えば、次のような手術があります。脊髄・脊椎に対する手術・神経の手術・腱の手術・骨の手術(骨接合術など)関節の手術(人工関節置換術など)等々があり、時には切断された指や手足などの再接合術も行なわれることがあります。

整形外科という名前(混同が多い)

よくテレビや映画等のドラマで、”接骨医”などと表現されていることがありますが、これは誤りです。骨折の治療は整形外科の中の一分野であり、整形外科医というのが正しい表現です。
 整形外科という診療科は、整骨院(接骨院)とは全く異なります。整骨院は柔道整復師という人達が行なっている施術所のことです。整形外科は当然のことながら医師が行なう診療科です。
 また整形外科はよく形成外科や美容外科と混同されます。形成外科は体の醜形(生まれつきのものやヤケド・ケガなどでの)を治すのを主たる目的とする医学の一分野です。美容外科は、主として形成外科医が行なう顔面の醜形を改善する診療科です。