膨大な材料費1998/05/15 update



  4月から医療費自己負担が健保本人が2割、老人が月のうち4回通院まで500円負担など負担額が大きくなります。このような医療費負担増は診療側に原因があるように、よく言われますが、次のような事があるのをご存じでしょうか。
 『股関節の人工関節全置換術の為に入院手術を行ないますと、治療費はおよそ150万円かかります。ところが、その内訳は人工関節の材料費が約100万円で、これは購入業者の収入となり、手術料や薬代を含む病院の収入は残り50万円にしかなりません。この中には薬品や注射の代金も含まれています。』
 このように、国民医療費が何兆円とか言われますが、その中には膨大な材料費が含まていることを理解して下さい。そして関連の業界、ひいてはメーカに勤める人達の収入となっているわけであります。


                  (H9.10.22)
          日本臨床整形外科医会理事
          竜操整形外科病院院長(岡山市)
          角南義文