JCOAホーム

ロコモ
運動器不安定症
リンク集



「スタイル」
運動器が「元気」と「長生き」をささえているかたち

「カラー」
元気・生命力・エネルギー、運動する体内カラーをレッド&オレンジで表現

「フォルム」
ハートをシンボライズ

ロコトレの動画(携帯用)

ロコモーション・トレーニング

「ロコトレ」動画ダウンロード

監修:藤野整形外科医院
院長 藤野圭司 先生
DVD版はエーザイのご厚意により提供されます。

広告

三笠製薬

久光製薬

JCOAでは、広告を受け付けています。広告は、 html原稿ないしはリンクして 行います。ご検討の上、事務局までお申し込み下さい。

整形外科ではどんな患者さんをみるのでしょう

整形外科の病気

ある日、重いものを持って腰が痛くなったとしましょう。あなたは何科の医者にかかりますか。内科でしょうか、外科でしょうか。このように、多くの方々が、日常経験したことのある、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛などや、骨折、捻挫、打撲、切り傷などの、患者さんを治療するのが、整形外科です。

整形外科は運動器疾患外科です

整形外科は、四肢(手足)と体幹(せぼね)を治療する診療科です。首から足までの、内臓と皮膚を除いた病気を、取り扱うのが整形外科です。また高齢化社会の到来とともに、手足の動きが悪くなった患者さんを、リハビリテーションで動きやすくして、人間らしい生活が出来るようにするのも、整形外科の大きな役割の一つです。また「整骨院(接骨院)」と間違う方がありますが、整形外科は、「医師」が治療する所です。整骨院は、非医師である、柔道整復師が施術する所です。また美容外科とも間違わないでください。

以下の例に示すような場合、整形外科医の治療が必要です。

骨が折れたとき

骨折はギプスや、必要があれば手術で治療します。骨折が治り骨がついた後に、関節が動かなくなったり、骨が曲がっていたり、最悪の場合骨がつかないこともあります。このような不都合なことが起こらないように、整形外科専門医による治療が、必要になります。子供では、折れた骨が曲がったままで成長したりしないように、大人では、早く仕事が出来るように、老人では、寝たきりにならないように、治療することが必要です。

切り傷、スジ(腱)が切れたとき

特に腱を切った場合、診断が難しいことがあります。肩があがらなくなったり、指の動きが悪くなったりしますが、診断が遅れると治療結果が悪くなり、最悪の場合にはスジ(腱)を縫うことができなくなります。また、縫った後に、まわりとくっついて関節が動かなくなることもあります。したがって、適切なリハビリテーションが必要であります。

肩こり、腰痛、神経痛のとき

原因がどこにあるか診断することが大切です。肩こりの場合には、くび(頚椎)か肩に、腰痛の場合には、主に腰に原因があります。レントゲン等で、骨の状態を検査します。神経痛も、多くは、くび(頚椎)やこし(腰椎)に原因があります。又、時には、癌の転移による痛みもあります。したがって、しっかりした診断のもとに、治療することが、早く病気から解放される秘訣です。首や腰に原因がある神経痛では、手足の筋肉がやせて、力が弱くなることがあり、保存的治療で治らない時には、手術をしなければならないこともあります。

関節が痛いとき

まず痛みの原因を確かめなければなりません。原因が外傷やスポーツと関係がないか、リウマチではないか、老化によるものかなど診断しなければなりません。それによって、治療も異なってきますが、原因としては、年をとったり、その上、体重がふえて関節が変形することによる関節痛が、最も多くみられます(変形性関節症)。多くの人は、関節のまわりの筋肉の力を強めたり、関節を暖ためたり、体重を減らすことで症状は軽くなります。しかし、病状が進行すると、手術に頼らなければ治らない場合もあります。(人工関節など)

骨が痛いとき

骨にできもの(骨腫瘍など)ができて痛くなることがあります。良性と悪性のものがあります。また高齢者では骨がもろくなって(骨粗鬆症)痛むことがあります。骨粗鬆症の場合、折れ易く倒れないように注意し、予防的に骨を強くする為の治療が必要になります。

整形外科医による早期発見早期治療が大切です

これらの病気の場合には、できるだけ早期に、通院に便利な、お近くの整形外科を受診して、診断を確実にして適切な治療を受けることが大切です。日常生活や運動についても、整形外科医のアドバイスにしたがって下さい。
長崎大医学部 伊藤信之